FC2ブログ

葉月 十六夜~Intersecting desire~

☆今の所なりきりチャット専用☆色々修正中☆

Entries

天真爛漫少年少女

「難しい事なんか分かんねぇよ。でもオレの勘は絶対だ!」
シャルロット


シャルロット2013顔アップ シャルロット2013
【CP名】シャルロット

【フルネーム】
シャルロット・ブライトネス
【綴り】
Sharlot Brightness
【愛称】シャル

【種族】人間
【性別】女
【年齢】14歳
【身長】152cm
【体重】52kg

【髪】金色/ショート
【眼】青色/元気なぱっちり二重

【血液型】O型
【誕生日】8月5日
【星座】獅子座

【武器】
グローブ:ギガアーム
ナックル:ブラッドペイン
腕輪  :双子の英雄(ヒローズ・ジェミニ)
【武器詳細】
 赤いグローブの裏側には長女イルシオナ特製魔法陣が編み込まれていて、知識が無くても魔力があれば簡単な魔法が使えるという特製を持つ。シャルロットの使う魔法は全てこのグローブによるもの。
 指出しグローブの上からはめた両手中指の銀の指輪は拳を握ると棘の付いたナックルに変わる。ダンピールの銀商人から少量の血液を対価に買った物で、殴る(血を吸う)ほどに力が上がるのだと言う。
 白の模様の入った腕輪と黒の模様が入った腕輪は白が波動を放つ事ができるもので、黒が足に光を纏わせ三段蹴りを放つもの。それぞれ5kgずつあるらしい。修行用の錘でもある。

【存在属性】地
【使用魔法】
攻撃力上の中・防御力下の中程度。(ただし修練戦闘時は攻撃力上の中)
 光属性なら溜める・放つの二つの行動、地属性なら割る・持ち上げる・盛り上げるの三つの行動しかできない。つまり、単純な行動しかできないという事。威力だけは馬鹿みたいに高いが、命中精度は馬鹿みたいに悪い。
使用魔法の詳しくは「魔法名が覚えられn(ry」参照
・光(威力だけ最上級程度)
・地(素質的には上級程度)

【特殊能力】
・超広範囲感知能力(範囲は星の裏側まで感知可能だが、その辺に居るのが分かるだけ)
・超体力(10km以上の距離を走って「散歩」とか言っちゃう程度)

【趣味】
ヒーローごっこ
【好きな食べ物】
食えれば何でも良いよ?

【服装】
・黒のインナー(丈短め)
・黄色のベスト
・濃灰のズボン
・濃黄の腰布
・黄色の靴下(若干ルーズ)
・黒の靴
・濃い赤の指出しグローブ
・両手の中指に棘付きナックルになる指輪
・両腕にそれぞれ白と黒の模様が入った腕輪
・両足にそれぞれ重さ10kgのサポーター

【所持品】
・非常食
・ハンカチ
・ティッシュ
・悪魔の角のナイフ

【性格】
 単純明快で裏表の無い性格。と言うより基本何も考えていない。野生の動物の如き勘と行動力で日々を突き進む。非常に忘れっぽく、勉強もまるで出来ない。だが内面は優しく人懐っこく寂しがりだったりもして、例え悪態を吐かれても相手にしてくれるだけで嬉しいのだという。

【備考】
 ブライトネス家という「光の一族」を名乗る元貴族であり再生と生命を司る光の精霊を先祖にもつ家系に生まれる。便宜上末の妹となっているが、「血塗られた研究所」にて遺伝子操作で生まれた親無き子供である為に他の兄弟達との血縁関係は殆ど無いと言っても過言ではない。研究所で生まれた子供は「人を超えた人の製造」という研究テーマ通りに、基準が人間でありながら別種の遺伝子が混入している。それは個人個人によって違うもの。

 さらにシャルロットは「第六感能力開発計画」による実験で超広範囲感知能力を開花させられ、今では星の裏側に至るまでどこに知り合いが居るのかが分かる。どこからでも帰って来たり遺留品から持ち主を見つけるなど、しばしば犬扱いされる事が多い。外見も喋り方も男の子の様だが、シャルロットなりにカッコ良さを目指しているらしく、性別どうのには無頓着。

 研究所に居たのは4歳までであった為にあまり悲惨な状況を記憶に残していない上、姉や兄達からは孤児の集まりだと聞かされている。その後はずっと長女イルシオナと行動を共にし、基本的にイルシオナの指令で色々と動いている。……が、あまり役に立たないのは分かりきられている。そんなシャルロットにイルシオナが期待している事は、イルシオナの範囲限定性超深度感知能力の能力補完。それでもシャルロットはイルシオナを慕い、忠犬の如く寄り添っている。

 10年の時を経て、研究所が潰れて離れ離れになっていた兄弟姉妹の多くが一同に集まり、一つ屋根の下家族として暮らし始めた。街中の小高い丘の上にある、病院の隣接した屋敷。シャルロットは姉や兄達の収入でなんら苦労する事無く毎日を過ごす。家族同士の結束に揺るぎは無かった。けれど、交友関係はそうも行かない。シャルロットは姉や兄達とは違って、未だに魔力を自在にコントロールする事ができない。地属性の魔力値が高いシャルロットは感情の起伏によって勝手に魔力が反応してしまい、超人並みのパワーを発揮してしまう。それは同年代の子供たちにとっては脅威でしか無かった。

 友人も居らず、する事と言えば修行の真似事や一人冒険ごっこなどという寂しいものばかり。姉や兄達は相手にしてくれるものの、それは妹としてであり、対等な友情を常に欲していた。必要としてくれるなら誰でも良かった。そんな最近、シャルロットには友達ができた。けれどその相手は人間から悪魔に堕ちてしまった男の子だった。何度も危機を救われて、けれど同時に何度も友達が生き物を、人間を殺す姿も見ている。そして告げられた拒絶。そんな友達を止めて、救う事はできるのだろうか?

 そしてシャルロットは師匠を探す。友達を止める為に、救う為に、そして対等で居る為に。その末に見つかったのは軍人の様な服の男だった。同時にシャルロットは同性同年代のライバルも得る。強くなりたい。友達と同じ場所に立ちたい。追いつきたい。彼女は確かな道を見つけたのだ。

【ブライトネス家序列】
上から31番目で十五女、末の妹
混入遺伝子は聖獣バロン(獅子に似た姿の獣)

【近況】
見つけたのは微かな希望。
得られるかどうかは努力次第。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール

葉月 十六夜

Author:葉月 十六夜
【H.N.】葉月 十六夜[はづき いざや]
【性別】女
【年齢】お酒が飲めて選挙に行ける程度
【身長】167.2cm(.2が重要)
【体重】女にそんな事訊くんじゃありません
【血液型】A型
【誕生日】8月2日
【住所】千葉のどっか
【趣味】漫画とか小説とか(描くのも読むのも大好き)
【好きな食べ物】ツナ缶
【好きな音楽】アニソン
【性格】多分変な人
【対応人数】基本3~4人まで(でもあまり気にしてなかったり)
【リンク】なり茶の方のみフリー!
【ロルのお誘い】コメントで大歓迎♪

最新記事

最新トラックバック